このエントリーをはてなブックマークに追加

フローで覚える賃貸利用

住まいを購入したいという人は、数多くいることかと思います。
一家の主、という言葉がありますが、自分の人生を掛けて、ようやく一戸建てを持った人もいることでしょう。
けれども、現実は、住宅ローンに追われ、定年退職までローン返済を強いられた人が多いことも確かでしょう。
このため、賃貸物件を選ぶ人も多いようです。
ローンの代わりに家賃支払いがある、とも言えますが、所有者が別であるため、税金の問題などはありません。
しかも、物件数も多く、特に集合住宅であれば、便利な土地に居住することができます。
家賃の分をローンに、という考えもあるのでしょうが、住宅ローンの場合、支払いが終わるまで、真の所有者となることはできません。
さらに、何らかの理由で収入が途絶え、支払いができないとなれば、住宅を失ってしまう可能性もあります。
それならば、賃貸住まいの方が、気楽な面があることは確かでしょう。
そうは言っても、不動産賃貸は、金銭関係で成り立っているため、家賃支払をできるだけ滞らせないことが、重要でもあります。
そんな賃貸住宅には、先でも触れている集合住宅と戸建てがあります。
集合住宅には、民間が提供しているものおあれば、独立行政法人都市再生機構のような公的機関が関係しているものもあります。
戸建てにおいても、同様なものとなっています。
いずれにも、特徴がありますが、数の多さから言えば、民間であるというのが、現実でしょう。
しかし、賃貸に入居するにも、一連の過程があり、それをきちんと踏まえていることが、大切です。
仮に、親類や知人などが貸し出しをしていれば、そういう過程とは関係なく、借りられる機会があるかもしれません。
けれども、現実は、そういう人ばかりでないことを、重々認識しておくことが大切です。
このサイトでは、そんな賃貸利用に関することを、フローチャートのように構成しています。
賃貸探しから入居までを網羅し、その他の記事についても、いくつか作成しています。
もちろん、賃貸にまつわるものですが、お役に立てれば、作り手としては、誠に喜ばしい限りです。

Copyright (C)2017賃貸住み替えエピソード〜引越しは一大事〜.All rights reserved.