このエントリーをはてなブックマークに追加

今時の賃貸事情

時代が変われば、社会も変わることは、いつの時にも言えるのでしょう。
たとえば、今では非正規雇用が当たり前ですが、高度成長期には、似たような働き方があったとしても、あまり一般的ではなかったようです。
これもまた、時代の変化として語ることができるでしょう。
賃貸においても、そういう時代の変化を垣間見ることができます。
もっとも典型的なものは、ペットを飼うことができるということでしょう。
一説によれば、新築の賃貸物件で、特に集合住宅において、ペットが飼えないと入居希望者が少なくなるようです。
かつては、新築の集合住宅でペットを飼えないことが一般的であり、なおかつ、新築でなくても同様でした。
認められる物件は、築年数が経っていたり、あるいは、大家の特別の許可が必要でした。
中には、黙って飼って、トラブルを引き起こした人もいるようです。
しかし、今では、集合住宅の正面玄関から堂々と犬の散歩に連れ出すことも可能であり、同じ敷地に住む人も、違和感を持たないようです。
これはなにより、ペットブームによって、ペットを飼う人が増え、そういう人も賃貸に取り込もうという意図から出て来たこともあるようです。
さらには、少子高齢化に伴い、子供を持つ代わりにペットを飼う人が増えたことも、一因となっているようです。
いずれにせよ、ペットと暮らせることは、様々な意味でプラスに転じることが可能であるようです。
おそらく、今後も、賃貸事情において、種々の変化が出て来ることでしょう。
時代とともに世相が変わることは、ある意味、歴史の必然性とも言えないでしょうか?

便利な賃貸の情報サイト

Copyright (C)2017賃貸住み替えエピソード〜引越しは一大事〜.All rights reserved.