このエントリーをはてなブックマークに追加

気に入ったら現状把握

物件情報を見つけ、気に入ったのであれば、現地見学となります。
通常、不動産会社の担当者と赴くようになります。
そのため、何か疑問があれば、担当者に質問することができます。
現地を見ながらであるため、非常に有益となるでしょう。
また、賃貸物件情報で見た間取り図などを確認するようにします。
たとえば、窓向きを理解したのであれば、日の入り方が重要でしょう。
また、収納場所もわかったのであれば、スペースの広さをチェックします。
所有している荷物が十分収まるでしょうか?
あるいは、少々狭いでしょうか?
収納スペースは意外に重要なものと言えます。
一時的に保管する意味でも、できるだけ、余裕がある方が望ましいかもしれません。
あるいは、水回りの状況を把握することも大事です。
毎日使う場所でもあり、使い勝手が悪ければ、非常に困ります。
そのため、水道の位置などをしっかり把握することも大事でしょう。
さらに、通常、現地見学は昼間に行くことになり、場合によっては、不動産会社の人が車で同行するようになります。
しかし、昼間であれ場、なかなか把握できないことがあり、できれば夜間にも訪れることが大事であるようです。
特に賃貸の集合住宅であれば、夜間の方が、周囲の生活を状況を把握しやすいとも言われています。
昼間では見えなかったことが、夜間になって、知ることもあるかもしれません。
いずれにせよ、現地見学は大切です。
ここでは、一般的なことを述べて来たつもりですが、個人的に知りたいということもあるでしょう。
忘れないためにも、チェックポイントをメモしておくことも、重要かもしれません。

Copyright (C)2017賃貸住み替えエピソード〜引越しは一大事〜.All rights reserved.