このエントリーをはてなブックマークに追加

退去と原状回復について

仮住まいであれば、退去は任意です。
そのため、気軽なところがあり、多くの人が更新時期に住まいを変えるようです。
それなりの資金が必要ですが、賃貸であれば、そういう柔軟性とも言えるものがあることは、事実でしょう。
しかし、賃貸住宅からの退去においては、念頭にすべきことが、いくつかあります。
まず、退去を通知する時期ですが、大体一か月ないしは二か月前がベストであるようです。
物件にとって異なりますが、電話で告げるところもあれば、入居の際に退去通知用の書類を渡してくれるところがあります。
諸事項を記入し、それを郵送あるいはFAXするのみで問題ないケースがあります。
けれども、退去予定日を知らせ、何らかの事情で一週間以上、遅れてしまう場合、新たな家賃が発生するようになっています。
したがって、退去日については、一旦通知した以上、それをできるだけ遵守することが、無駄なお金を使わずに済むと言えます。
また、退去において、重要になるのが、原状回復との関係でしょう。
すでに、契約費用のところで述べていますが、敷金は退去後のリフォーム代に充当される場合もあります。
明らかにそれまでの住民による損傷と分かるものの修復に使われ、同時に、オーナーの積立金以上掛かってしまった場合に、敷金を利用することになります。
このため、収めた敷金が全額必ず戻るとは限りません。
状況によっては、新たな支払いを請求されることもあります。
それを避けるには、退去時などに生活が可能な状態に戻しておくことが、重要です。
それが原状回復と呼ばれるものであり、賃借人ばかりでなく、賃貸人についても、求められていることです。
ただし、原状回復には、建物の築年数に関係しる経年劣化を考慮することが求められています。
敷金が全額戻って来ない場合、詳細を尋ね、納得できない場合、交渉してみることも大事でしょう。
一説によれば、写真を撮っておくのが、無難であるようです。

Copyright (C)2017賃貸住み替えエピソード〜引越しは一大事〜.All rights reserved.