このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸と言えば集合住宅

日本には土地が少ないと言われてます。
そもそもの国土が狭いという面もあるのかもしれませんが、山岳が多い列島であり、平野が少ないというのが、土地の少ないこととイコールのようにもなっています。
そのため、居住空間を縦長にすることで、多くの人の住まいを確保しているようです。
もちろん、地震対策なども考慮にすべきであり、そういう技術については、非常に優れている面があるとも言われています。
このためでしょうか?
賃貸住宅と言えば、集合住宅がお馴染みでもあります。
アパートとマンションが代表的なものですが、今では、鉄筋コンクリートのマンションが、当たり前のように建築されています。
多数の世帯が同一敷地内で暮らすことができ、なおかつ、コンクリート製であり、頑丈であるという特徴があります。
このため、都市でも地方でも、賃貸であれば、マンションが主流となるのは、致し方のないことでしょう。
そんなマンションには、高層マンションやタワーマンションのように、大型で高さのあるものが、日本の至る所で建築されています。
あるいは、学生や高齢者向け、単身やファミリー用などがあり、様々な世帯が暮らしています。
さらには、デザイナーズマンションのような芸術的なものもあり、居住空間といっても、色々なタイプのものがあります。
その中から、状況に合ったものを選ぶべきなのでしょう。
しかし、今でも、アパートに暮らしている人がいます。
木造が主流であり、2階建てのものが主流であるようです。
さらに、大家が同じ敷地に暮らしていることが多く、管理会社を通さないで、大家が管理も行っているというのが、アパートならではの特徴かもしれません。

Copyright (C)2017賃貸住み替えエピソード〜引越しは一大事〜.All rights reserved.